バリフの先発品【レビトラ(Levitra)】について

...
商品名
レビトラ(Levitra)
主成分
塩酸バルデナフィル水和物(Vardenafil)
剤形
黄色の固形錠剤、長径8.0mm、厚さ3.7mm
重さ182.6mg
開発製薬会社
バイエル薬品株式会社(Bayer AG)
販売名

レビトラ錠 5mg (一回量:1錠または2錠)
レビトラ錠 10mg(一回量:1錠)
レビトラ錠 20mg(一回量:1錠又は半錠)

服用回数
1日1回

効果効能

  • レビトラはバリフと同じ有効成分(塩酸バルデナフィル水和物)を含有したED治療薬(勃起不全治療薬)になります。
  • レビトラの効能は陰茎海綿体平滑筋を弛緩させ、海綿体洞への血液量を増加させることによって、陰茎への勃起をうながします。
処方対象

下記の症状の方が主に対象となります。

  • 自力で十分な勃起を得られず、行為を満足におこなえない方。
  • 上記の理由により医師からED(勃起不全)と診断され治療にレビトラの処方が必要な方。

使用方法

  • 成人男性は1日1回性行為の約1時間前に服用します。
  • 1度服用した場合、次の服用は24時間以上あけてください。また20mg以上を一度に服用することはできません(強い副作用を伴います)

服用上の注意

  • レビトラには、性行為感染症を防ぐ効果はありません。
  • 服用に対して自己判断して使用を中止したり量を加減したりすると本来の効果が得られないことがあります。医師の指示どおりに飲むことが重要です。
  • 食事とともに服用すると、効果に影響を与えることがあります。(血流が乱れ、陰茎部への十分な血液が流れづらくなります)
  • 誤って多く服用した場合は医師または薬剤師に相談してください。(行為を行わず速やかに医療機関の診断を受けてください)

服用できない方

  • 過去にバイアグラ錠に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある方。
  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を使用している方。
  • 心臓に障害があるなど行為が負担となる方。
  • 肝臓疾患のある方。
  • 低血圧、高血圧ともに血圧に問題のある方。
  • 最近 6 ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある方。
  • 塩酸アミオダロン(抗不整脈剤)を使用中の方。
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を使用している方。

レビトラの歴史

1996年より ドイツバイエル製薬、英国グラクソ・スミスクライン社、シェリングプラウ社により開発が開始される。
2003年 米国にて発売開始。
日本では2001年12月に承認申請。
2004年4月に日本国内で承認を取得、同年6月から5mgと10mgの販売が開始されました。

しかし、当時の1日の最高用量の10mgでは、糖尿病などの生活習慣病の患者や、脊髄損傷の患者、骨盤内手術後の患者に対してはあまり効果が得られない事がしばしば起きたため、効果適用量に関して議論されていました。そのような患者を救う目的もあり、再度臨床試験を行ない20mgの服用を試験することになりました。臨床試験で安全性に問題がないことを確認した上で2007年7月に日本でも20mgの販売が始まりました。

cheap essay writing servicewrite essay for me